ストーカー対策の為に盗聴調査を行うメリット

ストーカー対策の為に盗聴調査を行うメリット

男の人

ストーカー被害に悩んだら依頼

ストーカー被害に悩んでいる場合は、盗聴器が仕掛けられている可能性があるため、盗聴調査を依頼するのが得策です。特に、留守中に誰か部屋に入った痕跡があった場合などには盗聴器が仕掛けられている可能性が高いでしょう。また、電話中に電話にブツブツというノイズが入ることがあると、まず盗聴器が仕掛けられていると考えた方が良いでしょう。盗聴器調査を依頼する場合には、探偵業者や興信所、電話業者などが利用可能です。最近では、ハウスクリーニング業者が盗聴調査をおこなっていることもあります。

おかしいと感じたらすぐに調査しよう

たとえば、ストーカーに行動が読まれていたり、電話にノイズが入るなどちょっとした気になることがあったら、すぐに業者に調査を依頼しましょう。調査を後伸ばしにしていると危険が増すのみです。プロにお願いすれば、盗聴器が仕掛けられやすいポイントも把握していますし、広帯域のマルチレシーバーという専用機材を持っているため、すぐに発見してくれます。もし盗聴器が無かったとしても、盗聴器が無いことを確認でき安心して生活できるようになります。

盗聴調査の依頼から調査結果受け取りまでの流れ

信頼できる業者を探す

インターネットなどを利用して、信頼できる業者を見つけます。信頼できる業者は秘密を厳守してくれて豊富な盗聴器発見の実績があるところです。探偵業者や興信所は料金が少し高めです。他には電話会社でも調査をしてくれます。

業者と打ち合わせをする

業者を決めたら業者と打ち合わせを行います。調査の日程などを打ち合わせますが、ストーカーが限定されている場合、おおよその盗聴器の種類の限定ができますので、ストーカーの情報についても打ち合わせることもあります。

調査の申し込みをする

その業者にお願いすると決めたら、調査の申し込みを行います。調査申込書を記載する必要があり、住所や氏名、電話番号などを記載して提出します。この際には、個人情報が流出しないことを十分に確認する必要です。

調査をおこなってもらう

実際に現地での調査となります。盗聴調査のプロフェッショナルであると、広帯域のマルチレシーバーを使用しますので、盗聴器の有無については確実に分かるでしょう。もちろん、場所の特定も可能ですので確実に盗聴器を発見できます。

盗聴調査報告書をもらう

多くの盗聴調査会社では、「盗聴調査報告書」というものが発行されます。その内容は、盗聴器が発見された場合は、どこに仕掛けられていたのか、どの周波数帯を使用した盗聴器が使用されていたのかなどが記載されています。盗聴器が無かった場合には、盗聴器が無いことが明確に確認出来るでしょう。

依頼者に聞いた!盗聴調査をしてみようと思ったきっかけベスト5

no.1

自宅に誰かが入った形跡がある

盗聴調査をお願いするきっかけとして多いのは、自宅に誰か入った痕跡がある場合です。外出から帰ってきた際に、ものの置き場などが異なっているなど何か違和感があることで不安になってしまい、盗聴調査を依頼する人が多いです。

no.2

最近見慣れない車が近くに止まっている

自宅の近くに見慣れない自動車が止まるようになると、その車の中で盗聴の音を聞いているのでは無いかと予想して、盗聴器調査を依頼するケースもあります。そのような場合も専門業者に調査を依頼した方が良いでしょう。

no.3

ストーカーがいる

ストーカーにつきまとわれ、しかもストーカーに行動パターンが読まれている場合は、盗聴を疑う人も多いです。探偵者などに相談されたケースでも当初はストーカーに関する調査依頼であっても、いざ盗聴調査をすると盗聴器が見つかることもあります。

no.4

無言電話が増えた

無言電話が増えている場合も、不安から探偵者に調査を依頼するケースが多いです。このケースも当初は無言電話の相手の調査であっても、実際に盗聴器の有無を検査してみると盗聴器が発見され盗聴されているというケースがあります。

no.5

見慣れない機器がある

家の中で、見慣れないテーブルタップやぬいぐるみなどが発見された場合は、中に盗聴器が仕掛けられているのでは無いかと心配して調査を依頼するケースもあります。最近は、盗聴器もとても小さくなりましたので意外なものの中に仕掛けられていることがあるでしょう。